水道 修理とは違う排水管の水漏れ修理

給水管と排水管は管を通っているものが大きく異なります。排水管は汚水を流すため、水漏れがあると非常に臭いが気になるものです。逆に言うと、この臭いで水のトラブルが発生していることがわかることもあるというのが排水管トラブルの特長です。

■夏は特に臭いが強烈

長い期間汚水が床下などに残っていると臭いがしてきます。台所や洗面所の周囲にそのような臭いを出すものがなければ、排水管を疑う必要があります。給水管と異なり汚水を流しているため、この臭いが水漏れをしているサインともいえます。特に夏場は臭いが強烈になりやすいため、違和感がある時は早めに確認しましょう。

■汚水処理が大変

排水管が原因とされている水漏れのトラブルでは、水道 修理とは異なり汚水の処理も大変です。床下に流れている場合や床に侵食している場合には臭いが残ってしまうものです。そのため、しっかりと掃除を行わないと臭いをとることができません。何かを収納しているところにちょうど漏れてしまった場合、収納している家財道具に汚水の臭いが付いてしまうこともあります。臭いはなかなかとりづらいため、しっかりと掃除しなければなりません。

■まとめ
排水管の水漏れトラブルは、通常の水道 修理とは異なり汚水の処置が非常に面倒になります。夏の時期は特に臭いが強烈になるので、注意しておきましょう。床下を全て張り替えることができれば簡単に解決できますが、かなり大掛かりな工事となるため、臭いがうつらないように早めに対処したいものです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ